• YYProbeを使って、ウェブ会議に音声認識結果を表示させる方法(詳しい手順編)

    こんにちは。リードトレーナーの大治郎です。 先日ご紹介した「ウェブ会議に音声認識結果を表示させる方法」は試していただけましたか?( YYProbeを使って、ウェブ会議に音声認識結果を表示させる方法

    今回は、リアルタイム音声認識アプリYYProbeを使った「ウェブ会議に音声認識結果を表示させる方法 詳しい手順編」です。ぜひご覧ください。

    全体の構成

    用意するもの(カッコ内は今回使用したもの)

    ① スマホ(iOS端末、iPhone XR)
    ② リアルタイム音声認識アプリYYProbe
    ③ PC(OS:Windows 10)
    ④ PCカメラ(内蔵カメラ)
    ⑤ ウェブ会議ソフト(Zoom)
    ⑥ 画面合成ソフト(OBS Studio:PCカメラとPCの画面を合成する)
    ⑦ 仮想カメラ(OBS-VirtualCam:⑥をウェブ会議ソフトに映す)
    ⑧ ミラーリングソフト(ApowerMirror:スマホをパソコンにミラーリングする)

    準備その1:スマホにアプリをインストールします

    準備その2:PCにソフトをインストールします

    1. ミラーリングソフト(ApowerMirror)を使って、スマホの画面をPCの画面に表示させます

    スマホの画面をPCの画面に表示させます

    ミラーリングソフトを使って、スマホの画面をPCの画面に表示させる手順は次の2ステップです。

    ステップ1:パソコンでApowerMirrorソフトを開きます
    ステップ2:スマホでApowerMirrorアプリを立ち上げます

    2 パソコンで画面合成ソフト(OBS Studio)の設定を行います

    左下の「シーン」と「ソース」の設定を順番に行います

    2-1 シーンを2つ(PCカメラとYYProbe、PC画面とYYProbe)作成します。

    シーンは「PCカメラとYYProbe」「PC画面とYYProbe」の2つを作成します
    シーンを作成すると、シーンの名前が表示されます

    2-2 シーンごとにソースを作成します

    シーンごとにソースを設定します

    PCカメラとYYProbeのソースを設定します

    PCカメラのソースは「映像キャプチャデバイス」を選択します。「ソースを作成/選択」で新規作成を選択し「PCカメラ」と入力してOKをクリックします
    プロパティ画面が開きます。デバイスで使用するカメラを選択して、OKをクリックします
    表示範囲を調整します 。赤い点の上にカーソルを合わせて、Altキーを押しながらドラッグすると表示範囲を調整することができます
    YYProbeのソースは「画面キャプチャ」を選択します 「ソースを作成/選択」で新規作成を選択し「YYProbe」と入力してOKをクリックします
    表示範囲を調整します 。赤い点の上にカーソルを合わせて、Altキーを押しながらドラッグすると表示範囲を調整することができます
    表示の設定を行うとこのように表示されます。PCカメラとYYProbeの設定はこれで完了です

    PC画面とYYProbeのソースを設定します

    YYProbeのソースは「画面キャプチャ」を設定します。先に設定した「 PCカメラとYYProbeの設定をコピーして貼り付けます 貼り付け方は次の3ステップです。
    • ステップ1:PCカメラとYYProbeのソースの「YYProbe」を右クリックし、「コピー」を選択します
    • ステップ2:PC画面とYYProbeのソースのエリアで右クリックし、「貼り付け(参照)」を選択します
    • ステップ3:張り付けると、表示範囲の設定もコピーされます
    PC画面のソースも「画面キャプチャ」を選択します。 「ソースを作成/選択」で新規作成を選択し「PC画面」と入力してOKをクリックします
    「PC画面」で表示させたい資料などを開きます。OBS Studioで表示の範囲を調整します
    表示の調整を行うと、このように表示されます。PC画面とYYProbeの設定はこれで完了です

    3 2で合成した画面を仮想カメラ(OBS-VirtualCam)で、ウェブ会議ソフト(Zoom)に表示させます

    OBS Studioの「ツール」から「Virtual Cam」を選択し、「Start」をクリックします。
    ウェブ会議ソフトで会議を開き、カメラのを選択から「OBS-Camera」を選択します
    ZoomにOBS Studioの合成画面を表示させます。ウェブ会議で話す人、発表する人のPCの画面はこのようになります
    ウェブ会議で聞く人、見る人のPCの画面はこのようになります
    ウェブ会議で資料を共有する時は、ウェブ会議で話す人、発表する人のPCの画面はこのようになります
    ウェブ会議で聞く人、見る人のPCの画面はこのようになります

    4 スマホでYYProbeを起動し、音声認識をはじめます。

    あとは、YYProbeで音声認識をはじめて箇条書きモードを表示するだけです。

    1. YYProbeで会議をはじめて、アイコンをタップして音声認識をはじめます
    2. 設定ボタンをタップします
    3. 箇条書きモードを選択します
    4. 表示の文字の大きさを選択します
    5. 自身の発言のみ表示させるか、他人の発言も表示させるかを選択します
    6. 背景色を選択します

    以上の手順で、いつものウェブ会議に音声認識結果を表示させることができます。ぜひお試しください。